大学生が半年間のワーホリで180万稼いだ話【オーストラリア】

 

はじめに

今回お話する内容は「大学生の私がたった半年間のワーホリで180万稼いだ話」

事前情報として、私は2019/6~2020/1までワーホリビザでオーストラリアに住んでいました。

当時は20歳で大学を1年休学中、その時のお話になります。ちょうどコロナ流行前ですね。

それでは、下の目次の内容に沿って、お話していきます!

 

源泉徴収票 公開

まず、当時の源泉徴収票を公開します!(一応証拠)

期間6か月弱  給与総額1,800,873円

(AUD1ドル=83円で計算/2021年2月22日現在)

あくまでも給与総額であり、貯めて帰った金額ではないですからね(by浪費マン)

 

ワーホリを決めたきっかけ

完全英語環境で働いてみたかったからです。あとは若いうちに海外に住んでみたかったから。

私はオーストラリアに行く前に、セブ島で2か月間語学留学していました。

セブでのマンツーマン授業はこんな感じ

セブ留学で身につけた英語力を、実践的に伸ばすためにもワーホリでオーストラリア行きを決意。

 

セブ留学についてはこちらで詳しく紹介しているので興味のある方はぜひCHECK IT OUT!

私がセブ留学を激推しする理由

 

貯金10万でオーストラリアへ

名古屋▶︎広州(中国)▶︎メルボルンのルート

向こうで稼げばいいや~という能天気な性格&セブ留学での散財(物価が安すぎるあまりつい)

→ 貯金残高10万 でメルボルン行きに搭乗(^^)

しかし、働くまでに約2か月間の期間が空いてしまい、結局は家族に20万ほど送金してもらうはめに…(絶対に親孝行します)

 

当時の英語力は?

これは大好きなタコベル

【TOEIC】780点(セブ留学終了時)

メルボルンで謎に2週間だけ通った語学学校では、英語力指標 B2(中上級)のクラスでした。

日常会話は問題ないレベルと言える、でしょう!

オーストラリア英語にはかーなーり苦戦しましたが。

 

実質正社員?有給〇〇に参加!

では、当時、日常会話レベルの英語以外に

これといったスキルもない大学生の私が、たった半年間で180万稼ぐことが出来たその訳とは…!

 

ずばり、有給インターンシップです。

その名の通り、お給料がもらえるお仕事体験

 

オーストラリアで有給インターン?

あまりイメージが湧かないかもしれませんが、日本のリゾバに近いのかなと思います。

私が有給インターンしていた島

ただ、1日8時間の週5日バリバリ働いていたので、実質(契約)社員みたいなものでした!

ちなみに時給はAUD22ドル=1850円

繁忙期の連勤・時間外労働の手当ばっちり◎で、有給も未消化分は帰ってくる(これだけで10万近く)

パイナポ
パイナポ
これが180万の理由でしゅ!

 

さいごに

今回は、私が6か月のオーストラリアでの有給インターンシップで180万稼いだお話でした。

勤務地・職種・仕事内容などについては、今後紹介していくつもりなのでまたお楽しみに。

次回の記事では、有給インターンシップのメリット・デメリット/手数料/申し込み~就業までの流れなどについて、説明していきます。

ではまた!ELLE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。