実際どうなの?2週間の超短期留学で学んだこと

 


こんにちは、ELLEです!

日は、前回の記事の続きです。

当時高校3年生の私が「話す英語」に力を入れて勉強するようになったきっかけを話していきます。

 

キーワードは、「2週間留学」

 


初めての留学が2週間だった


私にとって初めての留学は、高2の終わり!県が主催する語学研修に参加したことでした。

期間は2週間!行き先は...

アメリカのシアトル「Seattle」

スタバの第一号店、Microsoft の本社

そして、野球好きな方ならわかりますよね。シアトル・マリナーズの本拠地 Safeco Field(現 T-mobile Park)があるところです。

 

さてさて、たった2週間の留学ですが、行く前と後で、ズバリ、英語に関してなにか変化はあったのでしょうか!

英語力: 大して変わらない

② 英語に対する意識ぶち上げ

 

そうなんです。まず①の英語力に関しては、ほとんど期待できません。英語初心者が2週間だもん。

しかし②の意識さえ変えることができれば、必然的に今後の英語力UPに繋がります。

そもそも留学に行く前の私は、「自分は英語ができるんだ!」と思っていました。

しかし、いざ行ってみて気づかされるんです。

 

あ、私って英語話せないんだ。

 

この気づきこそが「話す英語」を勉強したいと思うようになった最大のきっかけでした。そして帰国後、わたしはすぐに行動に移します。 

 

具体的にやったこと

英会話教室に通い始める

発音を意識し始める

英語の担当教員によく質問にいく

iPhoneの設定言語を日本語⇒英語に

小さいことかもしれません。

でも確実に行く前より、英語力UPに繋がることはやってました。


では、当時、初海外・英語初心者の私が2週間の留学を経験して気づいた

 

短期留学のいいところ!

 ✔ 旅行感覚で行ける

 ✔ ホームシックになりにくい

 ✔ 英語に慣れる

 ✔ 異文化体験できる

 

まず短期のいいところは、旅行感覚でいけるところです。土日は学校がお休みなので、観光はたくさんできます。

 

初めて家族と離れて過ごす、しかも海外で...不安かもしれませんが、2週間だけって割り切れば、ホームシックになることも少ないです。

 

また、短期といっても2週間ほぼ英語環境にいるので、耳が英語に慣れます。

 

そして、留学は日本との違いを感じられる絶好のチャンス

自分の中の普通とは違っていても、相手の文化価値観をちゃんと理解して、受け入れて、リスペクト

文化や価値観の違いを体験することで、日本の良さがすごい見えてきたり、逆にここは外国を見習った方がいいという部分も見えてきたりします。

物事をグローバルな視点で考えられるようになりました。

 

結論、2週間の留学かなり意味あります。

 

今回は、留学についてすこし真面目に書いてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。


次回の記事では、

シアトルでの2週間生活について

「学校」や「ホームステイ」などの感じを

もっとラフに話していきますので、

 

そちらもぜひチェックしてね!

 

ELLE

 

“実際どうなの?2週間の超短期留学で学んだこと” への2件の返信

  1. ELLEさん、初めてコメントします(*^^*)

    私はいま、オーストラリアでファーム女子として頑張っています!

    えるのブログとっても為になる、尊敬\(^ω^)/
    これからもブログ楽しみにしてるよ!
    私もぶち上げ☆て頑張りまっす!!

    1. うんちマンさん

      コメントありがとうございます(^^)!
      そうなんですね!わたしの元ルームメイトもいまファームで頑張っています!!うんちマンさん!?もしかしてあなたですか?!!?

      世界が落ち着いたら絶対に再会しよう!(^O^☆♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。